志田未来、神木隆之介との噂の真相!出演ドラマやお宝画像も流出

今回はドラマ「女王の教室」「14歳の母」で大ヒットした志田未来を紹介していきます。

数々の難しい役をこなし女優としての評価が高い彼女。2018年1月12日には映画「伊藤くんA to E」に出演。そんな彼女の大ヒットしたドラマについてまとめました。また清純派女優の裏の顔と神木隆之介との噂の真相…そしてファンが歓喜したテレビでのお宝画像を公開!




志田未来のプロフィール

  • 名前 志田未来
  • 職業 女優
  • 生年月日 1993年 5月10日生まれ おうし座
  • 身長、体重 150cm 40kg
  • 出身地 神奈川県
  • 学歴 堀越高等学校
  • 血液型 AB型
  • 勤務先 研音

小学生の時は放送部に入り中学ではバドミントン部に所属しています。ですが試合には出たことがないらしいですね。お芝居のレッスンや芸能活動で忙しかったのかもしれません。




 

志田さんは堀越高校の出身で卒業した年は華の93年組と言われています。

理由としては同級生に俳優の神木隆之介、野村周平、平成ジャンプの山田涼介、知念侑李、中島裕翔、女優の川島海荷、西内まりやなどたくさんいます。今では皆だれもが知る有名なスターばかりですね!

 

職業は女優1本で1999年からセントラル子供劇団に入団しています。2006年より芸能事務所の研音に移籍しています。

研音には唐沢寿明、反町隆史、竹野内豊、天海祐希、榮倉奈々、川口春奈、速水もこみち、福士蒼汰が所属しており主演クラスが揃った大手の芸能事務所です。幼少の頃から人とは違ったカリスマ性やひと際目立っているタレントさんを集め厳しいレッスンのもと第一線で活躍できるスターを次々と輩出しているのが特徴です。

志田さんも演技の素晴らしい素質が買われ、あどけない子役から大スターへと変貌を遂げたのは言うまでもないですね。こうやって見るとこの事務所のタレントさんは皆、華があるのではないでしょうか。

 

志田さんは自称わがままと公言しています。周りを振り回すことも多いんだとか…

過去に「おしゃれイズム」に出演した際にこんなエピソードが出てきました。志田さんは1歳下の妹をひどくコキを使ってるそうで、電気を消すのが面倒で妹を電話で呼び出し電気を消させたそうです。可愛い顔から想像出来ないほどの悪女っぷり(笑)志田さんはいじめられる役が多い印象かそのギャップがたまらないですね!実際は妹と凄く仲が良くシスコンだとか。 

 

また志田さんは極度の恐がりでディズニーのアトラクションでビビッて泣いちゃったり、ホラー話を聞くと「止めて!」と真顔で怒るそうです 

 

食べ物の好き嫌いも激しく偏食をするそうです。学生時代の給食は「全然、みんな残しますね」と語っていました。 

そして「借りぐらしのアリエッティ」の鈴木プロデューサーは志田さんのことを「会ってすぐわかった!未来ちゃんはちょっとわがままで自分勝手。まさにアリエッティそのものですね。」と仰られていました。 

 

これらから志田さんはわがままですが温厚で人柄は良い女優さんなのは伝わってきますね!

 




志田未来、大女優になったきっかけ

志田未来のデビュー作品は2000年の火曜サスペンス劇場「ぬくもり」で子役としてスタートしました。 まだあどけないですが顔はそのままですね。

高視聴率を記録した2005年の連続ドラマ天海祐希主演の「女王の教室」で注目を浴び始めました。

冷酷な鬼教師演じる天海祐希に生徒の神田和美役の志田未来が立ち向かいます。過激な描写は多いですが、現代社会の闇に対する強いメッセージが作品に込められています。志田未来演じる和美の必死に立ち向かう姿は非常にリアルなお芝居でした。観ていて心が辛かったり、元気をもらったりと視聴者を飽きさせない作品で彼女の存在はインパクトがありました。 

  




そして大ヒット作品の真実の愛をテーマにした2006年連続ドラマ「14歳の母」に主演に抜擢。彼氏役に三浦春馬と共演しました。中学生で妊娠という難しい役柄を見事演じ切り大変話題になりました。彼氏、家族、学校の友人や教師との葛藤や自らの苦しみなどの感情をリアルに表現して、お芝居とは思えないクオリティで視聴者から大変評価された作品でした。このドラマをきっかけに志田未来という女優が全国で有名になりました。 

  

さらに2006年に連続ドラマ「探偵学園Q」の美南恵(メグ)役で出演。2015年頃から何度か熱愛報道の噂になった神木隆之介と初共演になります。

そして

  • 2008年に「サプリ」
  • 2009年に「正義の味方」
  • 2010年に「小公女セイラ」
  • 2013年に「秘密」
  • 2015年「ST~警視庁科学特捜班~」「まっしろ」

と次々に活躍されました。

2008年の映画「誰も守ってくれない」では殺人事件の容疑者の妹役を演じ切り日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。2010年にはスタジオジブリの「借りぐらしのアリエッティ」のアリエッティの声優をつとめました。最近では「コウノドリ第2シリーズ」の第1話に10年ぶりに再び妊婦役として出演され話題になりました。 

 

どの役も難しくかなりの演技力を求められますが、確実にこなしたくさんの視聴者を感動させてきました。どんな役柄でもこなし実力は大きく評価されています。

そんな志田さんの演技のスタンスは、現場に台本を持ち込まないんだとか。芝居に集中する為にセリフの事は考えないようです。またセリフ間違いなどのNGを出しません。間違えるとスタッフが驚くほどだそうでさすがはプロの女優さんです。 

次のページは「志田未来、神木隆之介との噂の真相は!?」です!




次ページ「志田未来、神木隆之介との噂の真相は!?」へ!